Sony Network Communications

Prediction One

HOMEブログAI(機械学習) > Pythonとは何か|AI、機械学習との関係は?活用方法などご紹介します

AI(機械学習)2020/11/13

Pythonとは何か|AI、機械学習との関係は?活用方法などご紹介します

Python(パイソン)とは、数あるプログラミング言語のなかの1つであり、近年ではAI開発で注目を集めています。汎用性も高く、ビッグデータの分析から自動車の自動運転など、さまざまな分野で使用されている将来性のある言語です。この記事では、Pythonとは何か、AIや機械学習との関係などについて解説します。Pythonを理解するための参考にしてください。

Python(パイソン)とは

ここでは、Pythonとはどのようなプログラミング言語なのか、特徴やよく使用される分野について解説します。

 

Pythonはシンプルでわかりやすいプログラミング言語

Pythonは構文がシンプルで、初めてプログラミングに触れる人にとっても理解しやすいプログラミング言語です。そのため、初心者用の学習サイトやスクールも多く、学習しやすい言語といえるでしょう。

プログラミングには手続き型、関数型、オブジェクト指向といった手法がありますが、Pythonはどれにでも対応可能です。そのため、非常に汎用性が高いうえに、たくさんのライブラリも存在し、活躍の場が広い言語といえます。

 

Pythonは汎用性が高く、需要も将来性もある

先ほども解説しましたが、Pythonはさまざまな手法でプログラムを組めるため、非常に汎用性が高いプログラミング言語です。Pythonを開発言語とするプロジェクトも多く、使える人材の需要も高い傾向にあります。

また、AI(人工知能)分野でよく使用される言語として注目を集めています。AIは自動車、農業、医療、金融など幅広い業界で必要とされる技術です。今後も需要が高いと予測される分野であり、将来性も期待されています。

 

Pythonのメリット

Pythonの特徴は、汎用性の高さとシンプルな構文です。そのため、以下のようなメリットがあります。

 

汎用性が高く、開発の効率化が出来る

Pythonはいろいろな手法での開発が可能なうえ、C言語系のプログラミング言語とも連携できます。そのため、汎用性は高く、アプリ開発、データ解析、人工知能関連など、さまざまな分野で活用可能です。

また、利用者が多いことから、プログラムの型がすでに作られているフレームワークも豊富であり、一から自分で設計しなくても済みます。効率よく開発できる言語です。

 

シンプルで学びやすく機能も充実

Pythonの構文は無駄がなく、シンプルです。ほかのプログラミング言語はルールが複雑だったり、記述しなければいけない構文が長かったりと、比較的難解なものも多いですが、Pythonは本文のみでも実行できます。そのため、誰が書いても同じようなプログラムを作成でき、共有や学習がしやすいといえます。

ライブラリが豊富なところも魅力です。ライブラリとは顔認識や暗号化など、すでにプログラムされている機能のことで、自分でプログラムを組まなくても利用できます。

 

Pythonの活用方法

Pythonは、人工知能、業務効率化のためのツール、Webアプリなどでよく利用されます。ここでは、Pythonの活用方法について解説します。

 

人工知能(AI)、機械学習の開発

現在、人工知能(AI)や機械学習の開発にはPythonが大活躍しています。実際にGitHubでは、そこに特化したライブラリも多数公開されています。

AI開発は、過去の利用状況をデータベースに蓄積、分析を行い、それに対してどのように出力すべきかを計算していく仕組みです。データベースに情報が蓄積されていくと、自動で精度が高まります。Pythonは、Google画像検索、配車アプリのUber、対話できるロボットPepperなどで実際に活用されています。

 

業務効率化ツール、自動処理システムの開発

Pythonはデータ処理で大きな力を発揮するため、業務効率化ツールや自動処理システムの開発に最適です。

 

Webアプリケーションの開発

PythonはWebアプリケーション開発にもよく利用されます。PythonのライブラリはWebアプリケーション開発に合ったものも数多くあり、初心者でも比較的取り組みやすいでしょう。

Pythonは掲示板やSNSのようなWebページを構築可能です。動画の投稿や配信ができるYouTube、InstagramなどのSNS、データ共有のためのDropboxなどもPythonで作られています。このような大規模アプリケーションの開発に携わりたい人は、Pythonを学習しておくといいでしょう。

 

その他

現在販売されているエアコンや冷蔵庫などの家電は、ただ操作通りに動くだけではありません。周囲の情報を読み取り、環境に合わせて稼働するものも多いです。このような動作を可能にするのは、家電内部にアプリケーションが組み込まれているからです。

この組み込みアプリケーションにもよくPythonが使用されています。AI化された家電や、車の自動運転など、Pythonはそのような製品開発にも用いられています。

 

Pythonを学ぶための学習方法と学習手順

これから転職や就職するときのために、Pythonを習得しておきたいという人も多いのではないでしょうか。Pythonの学習方法や手順について解説します。

 

学習方法

 

プログラミングスクールや書籍、オンライン学習で学ぶ

Pythonは初心者向けの書籍や学習サイトなどが豊富にあるため、基本的に独学で学習できます。趣味で個人的に楽しむのであれば、それでもいいでしょう。ただ、本格的に勉強したい人や短期間で効率よく学習したいという人はスクールがおすすめです。Pythonを学べるスクールは実際に通わず、オンラインで講習を受けられるものもあります。

 

学習手順

 

Pythonの開発環境を準備する

Pythonを開発できる環境を構築しましょう。書籍やサイトなどでコードを眺めているだけでは、コードの役割や仕組みを理解することは難しいでしょう。実際に自分で入力し動かしてみたほうが、効率的に吸収できます。

自分のパソコンに環境を構築すればローカルでPython開発ができますが、簡単に始めるためにはオンラインでプログラミングできる「Google Colaboratory」がおすすめです。Google Colaboratoryであれば、ファイルをインストールする必要もなく、すぐに学習を始められます。

 

Pythonの基本を習得する

最初から長いコードを書こうとする必要はありません。基本的な文法に触れてみることから始めましょう。プログラミング言語学習において、一番初めに行うことは画面に「Hello world!」と表示させることです。Pythonでも、はじめに簡単な文章を表示させることから始めます。

そのほか、基本的なものとしてifやwhileといった構文があります。1、2行の簡単なコードを書いてみて、構文の特徴や役割を覚えていきましょう。

 

Pythonが何に必要か、目的を明確にする

Pythonの特徴や基本的な構文が理解できたら、より知識を深めていきます。そのためには、まず何のためにPythonを利用するのか、目的をはっきりさせましょう。ひとことにプログラミング言語といっても、目的によって学習方法は異なります。AIやWebサービス、Webアプリケーションなど、何を開発したいのかを考えてみましょう。

 

目的に沿った学習方法で学ぶ

目的が定まったら、それに合った学習方法で知識を深めていきましょう。例えば、Webアプリケーションの開発であれば、フレームワークの使い方をマスターしなければなりません。Django、Flaskなどのフレームワークの使い方をマスターしましょう。

AI開発であれば、Pythonの組み方に加え機械学習についての知識も必須です。プログラムの方法だけではなく、どのように機械学習に活かすのかも平行して学習します。

 

自社開発が難しい場合には

Pythonを活用し、自社で業務効率化や自動化ツールを導入したいと考えている企業も多いです。しかし、新たに自社で開発することは難しい場合もあるのではないでしょうか。そのようなときには、既存のシステムを利用することがおすすめです。

 

まとめ

Pythonは構文がシンプルで、初心者でも扱いPrediction One お申し込みフォームやすいプログラミング言語です。企業規模で行われるWebアプリケーションやAIなどの開発でよく利用されている言語で、需要も将来性も高いといわれています。

 

Pythonを使って自社でのツール開発が難しいという場合は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の「Prediction One」の導入がおすすめです。Prediction Oneは自動モデリングで高精度な予測を可能とします。シンプルで簡単に操作でき、予測の理由まで分かります。デスクトップアプリであるため、セキュリティ面に関しても安心です。

 

無料トライアル

 

tag

Prediction One お申し込みフォーム

留意事項

  • ・ご入力いただいたメールアドレス宛にダウンロードリンクを送付いたします。
  • ・必須項目は必ず入力・選択してください。
  • ・入力の際は下記の文字を使用すると正しく送信されませんので、ご注意ください。
    (半角の : < > " ' \、半角カナ、機種依存文字)
PAGE TOP